交通事故で腕を失っても、柔道の練習に励む少年

少年は交通事故で左腕を失いました。それでも柔道を学びたいと心に決めていました。

数々の柔道教室から断られる中、1か所だけ受け入れてくれる教室がありました。少年はそこで練習に励みました。たった1つの技の練習が3か月続き、先生に尋ねました。「先生 他の技は学ばなくて良いのですか?」

「まずはこれだけ習得すればいい」と先生は答えました。少年はよく理解できませんでしたが、先生を信じることにしました・・・

 
関連記事