義理の娘が贈った本に父親が感動

この動画を見ると、きっと思わず「ほろり」ときてしまうでしょう。

ステファンさんが袋を開けると、そこにはメッセージカードとラッピングされた一冊の本が入っていました。ラッピングを取ると本の表紙にはステファンさんと義理の娘のドロシーちゃんの写真がありました。

ステファンさんの妻、ステイシーさんは彼に声に出して本を読んでと言いました。

その本はドロシーちゃんの視点から書いたものでした。ステファンさんがドロシーちゃんにしてしてあげたたくさんの事がその本一冊に書かれていました。彼はいつもドロシーちゃんの世話をして、たくさん遊んであげ、病気の時にはそばにいてあげます。

ステファンさんが最後のページをめくると、思わず涙がこぼれました。その時、彼はその本でドロシーちゃんが何を伝えたかったのかを知ったのです。最後のページを読んで本を閉じた彼はドロシーちゃんを抱きしめました。

ぜひ動画でドロシーちゃんがステファンさんに何を伝えたかったのかご覧ください。

 
関連記事