ケガをした小鹿を保護した心温まるストーリー

ある男性の庭先で、一匹の鹿双子を生みました。男性はその様子を動画に収めていました。

生まれた小鹿のうちの一匹はケガをしており、保護が必要な様子でした。このあたりでは野生の肉食動物がたくさん住んでおり、捕食するチャンスを虎視眈々と狙っています。

ケガをしている小鹿は、足を引きずりながら一生懸命にお母さんと兄弟の後をついていこうとしますが、二匹はあっという間に小鹿を置いていってしまいました。そして、お母さん鹿は二度と戻っては来ませんでした。自然は時に残酷なものです。

動画を撮っていた男性は小鹿を保護しました。小鹿を家に連れて帰り、出来る限りの看病をしてあげました。男性はすでに二匹の犬と一匹の猫を飼っていました。三匹は小鹿の友達になり、彼らのおかげで小鹿は順調に回復していきました。あっと言う間に小鹿は元気になり、野生に返る日が来ました。

動画で小鹿の元気になった姿とお母さんとの再会の様子をご覧ください。大きさにかかわらずどんな生き物にも思いやりを持つ大切さを私達に教えてくれます。

 
関連記事