会った瞬間に芽生えた牛と人の友情 甘えん坊の牛にハグした瞬間

予期せぬ時に、人と動物の友情が芽生えることもあります。

この若い男性は、ガンジス川の近くでヨガをした後、川辺で休息していました。すると、一頭のが自分に興味を持ったらしく、近寄って来たのです。

若者は、が何をするつもりなのか知るために、寝転がったままでいました。牛は体が触れるほど近くまで寄って来て、男性の足にすり寄り、においをかぎ始めました。

若者は、あまにりも親し気なアプローチに驚きました。

そして、牛は若者のそばで頭を下げ、「抱きしめて欲しい」といわんばかりの仕草をしました。

あなたは、牛は草を食べることにしか興味がないと思っているでしょう? でも、この牛が興味を持ったのは、親切でハンサムな人間の耳をやさしく噛むことだったのです。

牛は、新しい友人に頭を向けて、ゆっくりと目を閉じました。牛の驚きの行動に若者は何をすべきか戸惑いました。若者はカメラに向かって笑うと、牛の首に手を回して抱擁したのです。

リシュケシュから来たこの若者は、友好的な牛を拒むことをせず、頭の角の間をなで始めました。 牛はうっとりと目を閉じています。牛がこの特別なハグを楽しんでいるのは間違いありません。

牛と犬の共通点は、愛情への欲求です。牛や犬は、人間にとって、もうずっと古くからの友人なのです。

58秒の動画は爆発的にシェアされ、ネットユーザーたちは、美しい光景に驚かせました。 ソーシャルメディアの一部の人々は、この友情を見てから菜食主義者になったそうです。動物は単純な喜怒哀楽だけでなく、友情、恋慕、愛情も求めている証拠だ、という人さえいました。

©Facebook Videoスクリーンショット|Jukin

 
関連記事