五輪=ジャンプ男子NHで小林陵7位、葛西は21位

平昌 10日 ロイター] – 平昌冬季五輪は10日、ノルディックスキーのジャンプ男子ノーマルヒル(NH)(ヒルサイズ=HS109メートル)を行い、小林陵侑が2回とも108メートルを飛び、合計240.8点で日本勢トップの7位に入った。

伊東大貴は214.7点で20位。葛西紀明は213.3点で21位。小林潤志郎は2回目に進めなかった。

アンドレアス・ウェリンガー(ドイツ)が259.3点で優勝した。

 
関連記事